ナレーションをする者は「ナレーター」(英語: narrator)という。 ナレ死(ナレし)とは、日本のインターネット用語の一つで、時代劇などで登場人物が死去する際、最期のシーンが映像化されることなく、ナレーターの語りだけで片付けられること。すなわち、「ナレーションによる死」の略語といえる。2016年(平成28年)のN
2キロバイト (230 語) - 2021年9月19日 (日) 10:50


キャラとか関係なくフラットに見られるから
特に気にならないのかな…


1 muffin ★ :2021/09/27(月) 13:06:43.98

https://www.oricon.co.jp/special/57417/

ジブリ諸作品や大作アニメの劇場版ゲスト声優など、もはやおなじみとなった「アニメ映画の声優に人気俳優を起用する是非」論争。一般層や人気俳優のファンを取り込みたい思惑がありそうな制作・配給側と、原作の“聖域”を守りたいアニメファンとの対立構造は着点を見いだせないでいる。一方で、情報番組などへ俳優が「ナレーション」として進出することに関しては、視聴者もそれほど抵抗感を持たず、年々評価も高まっている。“俳優→アニメ声優”の抵抗感に対し、「俳優×ナレーション業」が受け入れられる理由とは? 

かつては情報番組やドキュメンタリーなどのナレーションといえば、文字通り「ナレーター」が務めるものであり、元アナウンサーや声優が起用されることが常識だった。古くは『水戸黄門』(TBS系)や『必殺』シリーズ(テレビ朝日系)などの時代劇、『Gメン’75』(TBS系)など刑事もののナレーションで“名調子”を謳われた故・芥川隆行さんが一時代を築いた。

最近では、ドキュメンタリー番組などのナレーターを声優“以外”、実力派俳優が担当することが増えている。その筆頭ともいえるのが、2000年より5年間『プロジェクトX』(NHK総合)のナレーションを務めた田口トモロヲだ。故・蟹江敬三さんがナレーションを務めた『ガイアの夜明け』(テレビ東京系)も、ドキュメンタリーの代表としてはを思い浮かべる人も多いが、同番組は2年先にスタートしており、「俳優×ナレーションの礎」を作ったといえるだろう。中略

人気アニメや洋画の吹き替えなど、俳優の声優挑戦には概ね拒否反応が起こる。そんな中でも、俳優のナレーションが好意的に受け止められるのはなぜなのだろうか。
アニメファンは、原作のキャラクターに思い入れがあり感情移入もしているので、それぞれに独自のキャラクター像を抱いている。そこに、すでにイメージが確立された人気俳優たちが入り込んでくることは、自分の好きなアニメの世界観に土足で踏み込んでくるようなものであり、ある種“汚された”ような感情を抱くからかもしれない。今風にいえば「コレジャナイ感」=拒否反応を示すのではないだろうか。中略

「淡々と事実を伝える」「にじみ出る温かみ」となると、『世界の車窓から』(テレビ朝日系)の石丸謙二郎や森本レオの一連のナレーションも思い起こされるが、そういった意味では俳優のナレーション手法は、さまざまな方面で過去から受け継がれているともいえる。

つまり、アニメにしろ洋画吹き替えにしろ、すでに強烈なイメージを確立している人気俳優を起用すること、しかも鳴り物入りで喧伝することは作品の世界観を台無しにしてしまう可能性があり、いわば禁じ手なのかもしれない。しかし、本業の声優の仕事は“声”のみで勝負するプロだけあり、『鬼滅の刃』の我妻善逸役・下野鉱の振り切った“演技”も“さま”になる。今では声優たちが吹き替え以外の仕事をする機会も増えており、彼らの“顔”も売れ出しているが、作品の中では声優の顔は浮かばず、キャラクターのイメージが前面に立っているのは、やはり彼らが“プロ”だからなのである。

長年、『サザエさん』(フジテレビ系)の磯野波平役を演じてきた故・永井一郎さんのように、ベテラン声優の中には、「我々はあくまでも俳優であり、声のみで深みを出せる…それこそが俳優である」と語り、安易に“声優”と括られことに違和感を抱く人も多い。一方で、「山ちゃん」としてお茶の間にも親しまれている山寺宏一も、過去のブログではタレントを声優に起用する現状を嘆いていたこともある。

全文はソースをご覧ください





31 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:24:05.10

>>1
そりゃ立場が上の者には言えないわな。
とことん老害だな


49 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:35:19.25

>>1
>一般層や人気俳優のファンを取り込みたい思惑がありそうな制作・配給側と、原作の“聖域”を守りたいアニメファンとの対立構造は着点を見いだせないでいる。

のっけから論点をずらして話しを進めている典型的なストローマン論法
ジブリで言えば、三輪明宏や夏木マリらはちゃんと評価されているし、なんなら彼女ら以外考えられないまである

批判されているのは、人寄せパンダ目的で実力も無いのに役を与えていることだ
”聖域”とかレッテル貼ってアニメファンの原作に対する思いを、側から見てキモいって思っているのがバレバレ


56 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:37:50.35

>>49
言いたい事は分かるが三輪明宏や夏木マリも有名人だからあんたの書く「客寄せパンダ」の内に入ると思うぞ


64 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:43:19.75

>>56
客寄せパンダはいいんだよ それだけが目的なのがダメなんだ


80 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:52:20.36

>>64
でも客寄せパンダの殆どは実力がない
じゃない
そんなごく少数の成功例を持ち出して
「俳優の起用に反対していない」とするのは厳しいだろ


11 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:13:23.44

俳優と一括りにするなよ
ナレーションに向いた声で滑舌のいい人なら本職が何でもいい
ただの話題性だけでキャスティングされた下手くそは要らんって話だ


16 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:18:03.15

>>11
「ナレーションに向いた声で滑舌の良い」って簡単に書いてるけどかなり難しい条件だと思うぞ。一般人でそんな良い声をしている人は2,30人に1人いるかいないかだろう


96 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:57:59.26

>>16
なぜ今一般人の話が?


15 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:15:31.24

なんの番組か忘れたけど濱田岳のでダメなのがあったな
息が多いというか抜けるというかイヤホンで聞いてたから余計にきつくて見続けられなかった


57 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:38:16.15

>>15
アナザーストーリーきつい


34 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:26:41.52

こち亀の再放送見てたら堺雅人で出てて驚いた
あのアニメ、声優が本業じゃない人が結構出てるけどあんまり気にならなかった


55 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:37:33.51

>>34
八嶋智人とかも出てたよな
堺とか八嶋は、あのまま芽が出なかったらそのまま専業のアニメ声優になってた可能性もあるんだから世の中面白いもんだわ


39 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:30:58.88

巨匠は素人の棒な演技こそ自然な演技と言うけどさ、
だったら日常では絶対言わないような芝居じみた台詞回しは止めろよと思う


45 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:32:44.57

>>39
その巨匠って誰?
具体的に書いてみ


40 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:31:47.26

俳優にも声優にも向き不向きがあるってだけの話
ナレーションが上手い俳優、下手な俳優どちらもいる
声優も人によるだけ


47 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:34:58.62

>>40
%の問題
アスリートにも声優出来る人はいるが
だからといって「アスリートを声優にさせてもいい」となならんだろ


41 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:31:58.36

ジブリの素人声優の声を聴いただけで、拒否反応が出る。


59 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:40:02.42

>>41
アニメ声優のアニメ声に汚染されてるんだよ
オタ向けの深夜アニメを見てなさい


62 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:41:59.30

それよりも声優がバラエティ番組に出るのはナシ
その番組は見ない


68 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:43:57.04

>>62
鬼滅の人ら、いつまで経っても見慣れないわw
そろそろ諦めて引っ込んでくれないものかと思うw


63 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:42:23.31

主演人気俳優女優ほどドラマ映画で独り言のようなモノローグやストーリー説明ナレーションやる
機会が多いので経験値力量は上げやすい


67 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:43:49.93

>>63
ヘタクソのままなんですが


71 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:48:57.78

別にうまけりゃ誰でもいいのよ。

慣れる前の下手な状態の俳優を主役クラスに抜擢しちゃうから問題ないだけ。

大昔は、洋画、洋ドラマの吹き替えなんぞ、全部俳優がやってたろう。
あと同録が技術的にしんどい時代は、邦画、邦どらも自分のセリフ全部後入れだったし。
同時録音でクリアに録れるようになったんで、俳優は、吹替する機会が激減して下手になっただけで、
俳優だって、慣れてくればそこそこできるようになるんだし。


76 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:51:42.05

>>71
そりゃそうなんだけど、今のアニメはもう「アニメ演技」みたいな特殊な演技になってるんで、それ用の特殊な訓練を受けないと厳しいものがあるように思うわ


72 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:50:11.78

俳優×ナレーションが騒がれないのは声の大きいキモヲタが居ないからだろ


83 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:53:12.25

>>72
単にナレーションはそこまで気にされないだけだと思う

芸能人や芸人の下手なナレなんて一杯あるけど
じゃあ文句いうか?っていうといわれないんだよね


86 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:54:40.79

>>72
ナレーションは芸能人でも上手いからな

むしろ声優の方が変な喋り方で浮く


82 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:53:00.38

声優業なんて元々役者とかがやってたのに
芸能人が一度は手を引いたから声優やるなってか

アニメは声優の為にあるんじゃないんだぞ?


85 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:53:44.87

>>82
お前はいつの時代のやつや昭和かよ


91 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:56:38.09

>>85
芸能人が声優やらなくなったのなんて90年代くらいからだろ

それまでは新人の仕事としてやってたりした

その後養成所上がりの声優ばっかりになって変な世界が出来上がった


97 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:58:29.31

>>91
何言ってるかわからんけど
芸能人の声優起用が増えたのはむしろ90年代以降や
これはアフレコがデジタルに置き換わった為に編集や他トラックでミックスが容易になった


99 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 14:00:58.08

>>97
90年代から10年位前までは芸能人はほとんどやってないぞw

最近オタが金使うようになって儲かるからってやる奴が増えた

YouTuberみたいなもん


100 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 14:02:40.81

>>99
それはさすがに物事知らなすぎる21世紀以降芸能人のアフレコが特に増えたんだよ
お前が勘違いして認識しているだけや


92 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:56:59.43

>>82
舞台俳優がやってたんだよ
モデルや映画出身の若いのではない


94 名無しさん@恐縮です :2021/09/27(月) 13:57:41.05

>>92
もともとはラジオドラマとかだぞ?