【東京24区】4話『ドラッグDの正体とは…』感想まとめ


東京24区』(とうきょうにじゅうよんく[1]、TOKYO TWENTY FOURTH WARD)は、CloverWorks制作による日本のオリジナルテレビアニメ。2022年1月6日よりTOKYO MXほかにて放送中[2]

東京24区
ジャンル サスペンス
アニメ
原作 Team 24
監督 津田尚克
シリーズ構成 下倉バイオ
脚本 下倉バイオ
キャラクターデザイン FiFS(原案)
岸田隆宏
音楽 深澤秀行
アニメーション制作 CloverWorks
製作 東京24区プロジェクト
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2022年1月6日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ




今回は正体不明のドラッグDの話になりますね。
24区の中でも裏の世界に位置するであろう
シャンティ―タウンの話になりますね。
梢がシャンティ―タウンに来た目的は絵を見る
ためだったけどその絵を描いてるのがレッド
なのね!!
新キャラでDoRedのメンバーであるクナイに出会う
ことになるけどラン(クナイ)がシャンティ―
タウンで絵を描いている目的も知れてなかなか
面白かったしカッコいいね!!
最後のシュウタと梢の会話は普通にいい話
だったしちょっと感動したけどまたカルネアデス
からの挑戦状が…
アスミからの電話にはクナイの姿が…
登場から怪しかったけどやはりドラッグDの主犯が
クナイなのかな。
説得出来れば一番いいけどやはり厳しいか…
クナイ役の斉藤壮馬さんがオッドタクシーの田中
を彷彿とさせるキャラだったなww



ポチッと押して頂けると励みになります!

にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

そんなあなたにこんな記事をPICK UP!