【平家物語】6話『遂に源頼朝が動き出す!』感想まとめ


平家物語 (アニメ)

平家物語』(へいけものがたり)は、鎌倉時代の軍記物語である『平家物語』を描いたテレビアニメ。作家の古川日出男が現代語訳した『平家物語』を底本としている。制作はサイエンスSARU。2021年9月15日よりFODで先行配信され、2022年1月からフジテレビの深夜アニメ枠『+Ultra』ほかでテレビ放送中。

平家物語
ジャンル 歴史、軍記
アニメ
原作 古川日出男訳「平家物語」
監督 山田尚子
シリーズ構成 吉田玲子
脚本 吉田玲子
キャラクターデザイン 高野文子(原案)
小島崇史
音楽 牛尾憲輔
アニメーション制作 サイエンスSARU
製作 「平家物語」製作委員会
放送局 フジテレビほか
放送期間 2022年1月13日 -
話数 全11話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ


今回は清盛によって福原に都を移される話から
始まりましたね。
新キャラの敦盛の登場回でもありましたね。
重衡も今回富士川の戦いで大失態をかました
維盛も戦なんてしたくはないんだよね。
清盛がキレて戦になってるわけだけど周囲との
温度差は凄いな!!
徳子は終始いい人なんだなって思うけど波の音
を聴いて泣きだす赤ん坊は何かを感じてるのかな…
今回挙兵した源頼朝の「本当にぃ~?」がかなり
印象的だったけど杉田智和さんだからなのか…
島流しは免れたとはいえ維盛はちょっと可哀想
すぎたな!!
平家滅亡がだんだん近づいてるのし清盛が
もう少し人格者だったらよかったのにとは
思ってしまうな…


ブロトピ:アニメの感想

ポチッと押して頂けると励みになります!

にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

そんなあなたにこんな記事をPICK UP!